レディー

機密書類の情報漏洩を防ぐ|ISO22000を取得するメリット

国際規格の一つ

女性

4つの要素

ISO22000とは食品業界における食の安全を守るための仕組みのことで、ISO9001とHACCPの概念を取り入れてできた規格の事です。一般的には「食品安全マネジメントシステム」とも呼ばれています。ISO22000では大きく分けて、相互コミュニケーション・システムマネジメント・前提条件プログラム・HACCPシステムの4つの要素により構成されています。相互コミュニケーションとは、食品の製造メーカーだけではなく、流通・販売などに関わる外部組織との相互連絡が求められます。システムマネジメントでは、ISO22000もISOの国際規格であるため、PDCAサイクルの運用が不可欠となります。前提条件では食の安全を確保するための前提条件をプログラム化します。HACCPシステムでは、HACCPの考え方をそのまま要求事項としています。

取得のメリット

昨今の食品業界では食品の消費期限偽装や廃棄すべき食材の転売、農薬混入などの相次ぐ不祥事により、食の安全に対する消費者の関心が非常に高まっています。この動きの中で、大手フードチェーンや大手流通業者がISO22000を取得しようとする動きも活発となっています。ISO22000を取得した場合のメリットとして、まず消費者に対する企業イメージの向上があります。食製品に対する管理体制が整っており、国際的に認められているという強みとなります。他にも食品安全マネジメントシステムを構築・運用することにより食品安全上の問題を予防し、企業の持つリスクを低減できます。またPDCAサイクルで一時的にではなく、継続的に運用状況の見直しと改善が要求されるため、企業レベルも向上していきます。